About me

ロボットスタイル研究会では、人の生活に浸透していくロボットに関する調査 研究をおこなっています。

設立の目的は、ロボットの社会的役割を深く自覚し

人とロボットの関わりのなかで、その安全性や人間の基本的人権を守ることが主たる目的です。楽しみながらロボットのある暮らしを築いていくこと

ロボット文化の発展および教育への貢献を支援するものです。

 

 業務内容は、ロボットにかんする生活面での規格、基準の策定、倫理基準の策定などを行います。ロボット生活の普及向上、その関連事業の進行を図り、国民生活の向上と世界の産業経済、文化発展に寄与することを目的とする。

 

ロボットがメディアになる。

 ロボットパワーは多くの産業に波及効果を及ぼす。

ロボットやファッションがフックとなり、欧米や上海で日本製ブーム。

ロボット×ファッションのイベントを繰り広げる。

 

クリエィテブとの関係比較

 

メディアミックス 

マスメディア中心

メディアの足し算

メデイア+メデイア=補完効果

量的な効果の追求

 

 

クロスメデイア

インターネットが中心

メデイアの掛け算

メデイア×メデイア=相乗効果

質的な効果も視野に

 

ロボットキャンペーン

キャンペーン全体の受け皿をWEBサイト

ユーザー同士の交流スペースとして機能させる。